忍者ブログ
Beautifulな(美しい・素敵な・感動する)もの、Music、Book、Art、iPhoneで非日常な日々を過ごしましょう★2010 Copyright (C) tafarocks All Rights Reserved.
24 . May
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 . May
03aa22f9.jpg

またかよ、今度はエヴァンゲリオン・・・仕方ありません、エヴァが出てくるのだから(ここでは何故かガイガンダー)

場所は古い実家(僕はこのころの夢をよく見る。中学2年生前のおうちである)。僕はある女性に迫る、しかもなぜか脅しながら。仕方なく彼女はおれる、しかし、そこは古い実家、父親も母親がいる。彼女に対して性欲なのか復讐なのかよくわからない僕は、両親が眠るその側でモソモゾと欺きを伺う。両親もきっと起きているだろうと思いつつ、気にせずいこう、と考えていたら、何故かそこにいるのはエヴァ零号機パイロット、綾波レイがいた(笑)。あれ?と思いつつ僕は彼女は綾波レイだったという理解をし、後ろから抱擁した。何故か、そこはさて置き、舞台は変わる。どうやら「出動」のようだ。僕はレイと一緒に走り出した。向かった先はヘリコプターだった。乗り込み、かなり揺られながら、僕は物珍しくもiPhoneでシャッターを切り続ける。そんな余裕ヅラした僕の隣でビビるのは、レイでは無かった。よく分からないのだが、おそらく、フラクタルのネッサみたいな感じの子供だった(ちょっと、マニアック、アニオタちっくでごめん)。ネッサには、僕にしがみついておくように言った。ヘリコプターを降りるとそこはガイガンダー?(良く解らんが、そういうイメージ)という、乗り物に搭乗する訓練所だった。僕は以前にも乗ったことがあるらしく、違和感なくガイガンダーに乗った。しかも、そのガイガンダーは、以前より進化していた。僕はあるチームのリーダーのようだ。以前とのガイガンダーの違いを確かめるべく、コックピット辺りを眺めている。ガイガンダーはエヴァとシンクロするように、自分の意志と一緒に動作するロボットである。僕はガイガンダーで走り出した、とても軽かった、以前よりもずっと操作しやすくなっていた。と、気付くと練習試合が始まるそうだ、相手も強そうだ。ガイガンダーにおいては、様々なアイテムを使用することが出来る。相手も早速、自分が走った後に真っ赤なクロスを引き続けていた、意味不明なのだが、自分もリーダーとして軌跡を示す為にアイテムをむさぼる、が赤い絨毯はなかったので、適当にチョイス。そして走り出す。ガイガンダーの中ではタバコが吸える、僕はタバコケースみたいなものをガイガンダーに、セットした。そして、走り出す。練習試合の相手は、とうに目標地点にたどり着くのではないか、と焦りを感じながら進む、橋の上を走る。橋を渡り終えるくらいの所で、敵か味方かよく分からないヤツに会うがスルー。そして問題の地点、やはり相手は既に目標地点に到着し、課題アイテムを入手して折り返すところだった。僕らはそれを奪う必要があったらしく、皆で身構えた。皆でそっちに行った、あっちに行ったなどと声を掛けながら、僕は一番始めにお手合わせをすることになった。ガイガンダーに乗っていた?とは思えなかったが、僕は槍で一突き、二突き、練習試合とは思えない惨劇がそこにはあった。しかもそこには僕の学生時代の友人達がおり、僕はごめん!ごめん!を繰り返しながら突き続けていた、首を狙って一突き、二突。友人から言われた、次はお前のチームに入れてくれ。。。僕は、泣きながらに是非とも、と応えた。
 
身体中、汗だらけで目を覚ましました。


 
 
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
RSS登録すると自動配信で便利だよ

Translate
上*Web検索 下*ブログ内検索
最新記事
(03/20)
(09/11)
(06/25)
(06/23)
(06/19)
(06/19)
(06/18)
(06/18)
(06/18)
(06/15)
(06/07)
(05/31)
(05/29)
(05/24)
(05/21)
(05/21)
(05/21)
(05/15)
(05/15)
(05/14)
Google Adsense
お気に入りメディア倉庫
test
My Profile
HN:
tafarocks
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1980/09/17
職業:
IT Evangelist
趣味:
多趣味
Tweet
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]